つわり 悪阻 妊娠初期

納豆 ひじき 豆腐 トマト レバー ほうれん草

 

 

"妊婦さんは 妊娠初期から授乳時期まで 赤ちゃんの成長に必要不可欠な1日400ugの葉酸が必要なので 意識して摂取するようにしますが ビタミンB群の1つである葉酸は熱に溶けやすい性質があるので なかなか食品からのみの摂取は難しいので 最近では 足りない場合は 妊婦さん用の葉酸サプリメントで補うのも1つの方法です。その場合は 色々な会社から発売されていますが 安心 安全な成分のものを確認してから 摂取する事をオススメします。

 

効果としては 妊娠初期では 赤ちゃんの先天異常のリスクから守ってくれるそうです。

 

妊娠中では 造血効果で赤ちゃんの栄養不足を予防してくれたり 妊婦さんの 貧血を軽減してくれる効果があります

 

授乳期では 母乳を通して 赤ちゃんに必要な栄養を届け

 

赤ちゃんの発達障害などのリスクを軽減してくれる効果があります。

 

サプリメントの値段は それほど安くないですが

 

妊婦さんと赤ちゃんの成長に大きく影響するので

 

絶対 葉酸は摂取した方が良いと思います。"

 

 

葉酸サプリは飲むべきなのですが、中にはあまりおすすめできないものもあります。
添加物の危険性があるピジョン葉酸サプリなどもありますので、成分をしっかり確認するようにしましょう。

1人目の時には 貧血だったのですが 貧血はないようです

 

 

"納豆は 葉酸含み量が多いそうで 毎日食べていますが

 

熱に弱い葉酸ですが 納豆はそのまま食べるので 栄養的には とても効率的で手軽に摂取できるので 毎日手軽に続けれるので 貧血の方にはオススメです

 

ほうれん草 やトマト などの緑黄色野菜も妊婦さんには
 
赤ちゃんの成長に必要な、食べ物なので意識して摂取していますが 体調も良く 赤ちゃんも元気です
 
只今3人目を妊娠中ですが 1人目の時ほど つわりもキツくなく 体調も良く 動けていると思います。

 

妊娠中の食べ物は 母体にも赤ちゃんの成長にも影響が大きいので できるだけヘルシーで栄養価の高い良質なものを摂取すると 体調管理もできて 産後の授乳期にも良い影響が出るのではないかと思います

 

授乳期になると 食事した内容で母乳の出方が変わることもあるので 妊娠中から バランスの良い食事を取る習慣をつ 続けることによって 産後の授乳期にも 母体の産後の体型管理にも良い影響があると思います。"

こんな記事も読まれています♪